スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高裁「社会的に許容される」判決確定 淫行事件逮捕で実名発表(産経新聞)

 沖縄県で2007年、女子中学生にみだらな行為をした疑いで同県警に逮捕された公立中教諭の男性(37)が、実名発表で名誉を傷つけられたとして、県に500万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は8日までに教諭側の上告を受理しない決定をした。教諭側敗訴の一、二審判決が確定した。決定は4日付。

 昨年3月の一審那覇地裁判決は「教諭が中学生にみだらな行為をした容疑であり、県警が実名発表したことは社会的に許容される」と判断。昨年11月の二審福岡高裁那覇支部判決も支持した。

 判決によると、教諭は07年3月に県青少年保護育成条例違反(淫行)容疑で逮捕されたが、那覇地検は同11月、起訴猶予とした。

 教諭側は、実名にした報道機関のうち地元民放3社とNHKも併せて訴えたが、審理は分離され一、二審判決で教諭側は敗訴。昨年2月に最高裁が上告を退ける決定をし、確定している。

【関連記事】
「許せない」夫が悲痛な訴え わいせつ殺害
十数年前に女子生徒にみだらな行為 40代教諭懲戒免職
逃走の“カリスマナンパ師”収監 大阪地検、京都の繁華街で発見
児童買春で元高校教諭に懲役2年6月 福岡地裁
中高生にみだらな行為、妊娠させる 元巡査部長に有罪

東宮職が週刊新潮に抗議、愛子さまめぐる記事で(読売新聞)
菅首相会見速報(9)参院選勝敗ラインは50議席 (産経新聞)
八ッ場ダムはどうなる…新首相を見つめる地元(読売新聞)
「願いかなう」いすに行列 神戸・北野異人館(産経新聞)
民主党新執行部 枝野幸男幹事長 絶妙な政界遊泳術で…(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。