スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<松本清張>特製ケーキでしのぶ 北九州で生誕祭(毎日新聞)

 北九州市出身の作家、松本清張(1909~92年)の100回目の誕生日にあたる21日、同市小倉北区の市立松本清張記念館で生誕祭が開かれた。甘党だった清張さんをしのび、デコレーションケーキ(縦40センチ、横60センチ、高さ20センチ)が用意された。

 ケーキはチョコレートで作ったトレードマークの黒縁眼鏡などをあしらった特製で、製作費10万円という。清張ファンら約70人が見守る中、北橋健治市長と生誕100年記念事業実行委の小野昭治会長が入刀した。

 小野会長は「この1年、さまざまなイベントで再び清張ブームが起こり、『清張といえば北九州市』と全国に知ってもらえたのではないか」とあいさつ。その後、先着300人の来館者に、小倉名物のロールケーキが振る舞われた。記念事業は来年3月まで続く。【長谷川容子】

【関連ニュース】
丸善:丸の内本店に松本清張らの「本棚」再現
東京国際映画祭:広末が中谷と木村の芝居に「泣いてしまった」 松本清張原作「ゼロの焦点」
今週の本棚・風聞帖:今回は「好きなもの」の宮田毬栄さんが…
今週の本棚・今週の執筆者:阿刀田高さんほか
今週の本棚:松本清張 生誕100年特集(その2止) 若島正・評

お金節約術
今日のランチ
ネイルサロン
ショッピング枠現金化
パチンコ攻略
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。