スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逮捕・懲戒免の元警部、停職1年に修正(読売新聞)

 福岡県人事委員会(永次広委員長)は22日、強姦(ごうかん)未遂容疑で逮捕され、懲戒免職処分となった同県警の新田隆・元警部(50)(強姦未遂罪で在宅起訴)が行った不服申し立てについて、処分を停職1年に修正する裁決をした。

 関係者への取材でわかった。今回の裁決により、新田元警部は復職する。県警は人事委員会への再審査請求などを検討している。

 新田元警部は昨年2月26日夜、捜査に協力していた女性(当時27歳)を、ホテルに連れ込んで乱暴しようとしたとして逮捕され、同4月18日、処分保留で釈放された。県警は同日、懲戒免職としたが、新田元警部は同6月4日、「女性の供述は極めて不合理で信用できない」として、人事委員会に不服を申し立てた。

 その後、福岡地検は、嫌疑不十分で不起訴としたが、福岡検察審査会が「起訴相当」と議決したため、再捜査。今年11月25日、新田元警部を強姦未遂罪で福岡地裁に在宅起訴した。

 停職の期間は、懲戒免職処分が出された昨年4月から1年間で、すでに停職期間が過ぎている。県警は、再審査請求や起訴休職とすることを検討している。県警の村上正一・首席監察官は「県警の処分が認められずに誠に遺憾」と話している。

 人事委員会は「個人情報保護の観点から裁決の結果、理由は言えない」としている。

サモア語は意外と簡単!?
okcts7uvzu4のブログ
ネイルサロン
債務整理・自己破産
ショッピング枠現金化
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。