スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財務相の後任人選に着手=党側と調整-鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は6日、体調不良を理由に辞意を示した藤井裕久財務相の後任人事に着手した。首相としては、重要閣僚交代による政権への打撃を最小限に抑えるには、政府・民主党の結束が不可欠とみており、小沢一郎幹事長ら党側の意向も踏まえ、人選する考えだ。菅直人副総理兼国家戦略担当相、仙谷由人行政刷新担当相の起用や、野田佳彦、峰崎直樹両財務副大臣の昇格が取りざたされている。
 首相周辺は同日、「きょう、あす中に平野博文官房長官が党側と調整に入る」と述べ、後任の人選を始めたことを明らかにした。その上で、「小沢氏との関係が重要だ」と述べ、首相は党を取り仕切る小沢氏の意向も考慮するとの見方を示した。一方、民主党幹部は「後任は2010年度予算案の編成の経緯を知らないと務まらない」と述べ、現職の閣僚か両副大臣から起用されるとの認識を示した。
 首相は入院中の藤井氏を慰留しながらも、医師の判断は尊重せざるを得ないとの立場。医師が続投は困難と診断する事態も想定し、後任の人選を始めた。18日召集予定の通常国会を控え、藤井氏は近く首相に診断結果を伝えるとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト

ラーメン博士
とあるタクシー運転手のブログ
クレジットカード現金化
モバイル ホームページ
クレジットカード現金化 比較
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。