スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<毎日新聞>発行物一部を研究機関に寄贈 大阪で搬出作業(毎日新聞)

 毎日新聞大阪本社は、明治以降に発行した新聞や雑誌の一部を研究機関に寄贈することを決め、21日、国立国会図書館への搬出作業を行った。資料は大阪市立大にも贈る。

 明治、大正、昭和の新聞研究や文化研究に役立ててもらうのが狙い。寄贈するのは、明治23(1890)年以降の毎日新聞をはじめ、大正11(1922)年に創刊したサンデー毎日、毎日中学生新聞、写真誌の先駆けとも言われる幻の雑誌「ホームライフ」など約850点の製本。

 大阪本社では昨年度から所蔵資料の整理を実施し、近畿地方の大学などに呼びかけ、受け入れ先を探していた。国会図書館は、京都府精華町の関西館と東京都千代田区の本館で保管する。また、市立大は、今回の寄贈により大阪で発行された毎日新聞と朝日新聞の原紙がほぼそろうという。

 国会図書館は「未所蔵の資料が補充され、利用サービスの充実につながる」と喜ぶ。市立大学術情報総合センターは「大阪にまつわる新聞資料の充実で、研究が進む」と話している。

 毎日新聞はさらに譲渡先の研究機関、図書館を探している。問い合わせは、人事・総務部(代表06・6345・1551)。

【関連ニュース】
中部写真記者協会賞:毎日新聞・竹内幹記者がグランプリに
東京写真記者協会:毎日新聞に2部門賞
関西写協:協会賞に毎日新聞の「鳩山代表に『追い風』」
雑記帳:毎日新聞販売店などが電動原付きバイク共同開発
高校野球:夏の甲子園、春の選抜 毎日、朝日が相互に後援

レノボX60
日本海側釣りのポイント
2ショットチャット
ショッピング枠現金化
カードでお金
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。