スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20日も日本海側は大雪=峠越えたが注意を-気象庁(時事通信)

 日本列島は19日、上空の強い寒気が日本海北部から東の海上に抜け、大雪の峠は越えた。しかし、冬型の気圧配置が続き、日本海側は20日にかけても大雪が続く見込み。鉄道や航空、高速道路への影響も続き、気象庁は引き続き注意を呼び掛けた。
 19日午後7時現在、積雪の深さの全国1位は福島・只見の137センチ、2位が北海道・朱鞠内の131センチ、3位が岐阜・長滝の126センチ、4位が新潟・入広瀬の122センチ。
 20日午後6時までの24時間予想降雪量は、多い所で、東北の日本海側と北陸が60センチ、岐阜県が50センチ、北海道が40センチ、長野県と近畿北部、山陰が30センチ。積雪の多い所では雪崩にも注意が必要。
 JRによると、上越線や飯山線、只見線の一部区間で運転を見合わせ、北陸線や高山線では一部列車が運休。羽越線では強風のため特急が遅れた。全日空や日本航空によると、庄内空港の一部発着便が欠航、青森、小松、出雲の各空港で一部出発便が遅れた。高速道路は、東海北陸道の岐阜県内の一部区間で通行止めが続いた。 

【関連ニュース】
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【動画】鉄道博物館-鉄道マニアの聖地
【動画】日本航空「コブクロジェット」テイクオフ
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
民主党が抱えこんだ「JAL再生」という地雷

ギリシャ語は難しい
下北沢ナビゲーター
ネイルサロン
出会いランキング
無料携帯ホームページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。